新・ゆんちの朝刊フジ 今泉有美子

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮崎キャビア、素晴らしい!

<<   作成日時 : 2016/03/15 14:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 1

いま、仕事で「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」という
表彰制度のお手伝いをしています。

その関係で、先日、宮崎県産のシロチョウザメの卵、
「宮崎キャビア1983」の取材に行ったのですが、
これが、すごい可能性を秘めているんです!

世界三大珍味の一つで、海の宝石≠ニも賞される
チョウザメの卵、キャビア。

日本国内でも近年、各地でチョウザメの養殖に成功し、
次々と国産キャビアが誕生しているのですが、
中でも宮崎県産のキャビアの評判が高いそう。

画像


チョウザメは、多くが湧き水の豊富なエリアで養殖されています。
宮崎県内各地では食肉としても重宝されるシロチョウザメを養殖しており、
そこから採取された卵は「宮崎キャビア1983」というブランド名で販売。

宮崎はかつてはニジマスなどの養殖が
盛んに行われていた地域なんだそうで、
現在は宮崎キャビア事業協同組合に加盟する業者が、
その技術を引き継ぎ、シロチョウザメの養殖を手がけているんですね。

ところで、知ってました?
海外で生産されるキャビアの多くは、
保存のために塩分濃度が高く防腐剤が添加されることも多いそう。

一方で宮崎産キャビアは塩分を最小限に抑え、防腐剤も無添加。

画像


さ・ら・に、キャビアには独特のうまみを出すための
「熟成」という作業が絶対に欠かせないんですが、
ロシアやヨーロッパなど、どこの向上もこの「熟成」の方法は門外不出。
なので、宮崎も2000回以上の試行錯誤を重ねて、
宮崎独自の方法を開発したんだそうですよ。

実際に私も1つ購入して家で試食してみましたが、
とろけるようなクリーミーな食感なんです!
これまでのキャビアのイメージが大きく変わりました。

2013年秋にキャビアの本格的な販売を開始して以来、
あまりの人気にいまも品薄状態が続いているそうで、
宮崎マンゴに次ぐ、いやそれをしのぐ
名産品に成長する可能性大です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
すみません・・・あまりに更新期間が長かったので見逃していました。
3か月ぶりに気づいて覗きましたがこれまた素晴らしい情報で!
これからもよろしくお願いします。
にほにほ
2016/06/16 02:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
宮崎キャビア、素晴らしい! 新・ゆんちの朝刊フジ 今泉有美子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる